萬葉集822
c0169176_08022737.jpg
寄赤土
山跡之 宇陀乃眞赤土 左丹著者 曾許裳香人之 吾乎言將成
大和の 宇陀の眞赤土の さ丹着かば そこもか人の 吾を言成さむ
寄神
木綿懸而 祭三諸乃 神佐備而 齋尒波不在 人目多見許曾
木綿懸けて 祭るみもろの 神さびて 齋むにはあらず 人目多みこそ

澤瀉久孝著「万葉集注釈」7より

by mteisi | 2017-10-16 08:11


<< 伊      詩経71 >>