c0169176_08140534.jpg
チョウ うらかた・きざし・かず
象形
亀卜の灼けたわれめの線の形。
亀版の中央の千里縫を界として、
その左右対称に灼く卜法によって、
あらわれる卜兆(うらかた)の形。

by mteisi | 2017-12-10 08:19 | 語源で遊ぶ


<< 朝歌12月10日      萬葉集877 >>