詩経163
c0169176_08042875.jpg

東方未明

東方未明 顛倒衣裳  東方未だ明けず 衣裳を顛倒す

顛之倒之 自公召之  之を顛し之を倒す 公より之を召す

夜も明けぬうち 慌てて衣裳をさかさまにつけ

衣を下に裳を上に 君のお召しに急いで


東方未晞 顛倒裳衣  東方未だ晞けず 裳衣を顛倒す

顛之倒之 自公令之  之を倒し之を顛す 公より之を令す

東の空もまだ白まないうちから 慌てて衣裳をさかさまにつけ

あべこべに着けて 君よりの御命令に急がねばならぬ


折柳樊圃 狂夫瞿瞿  柳を折りて圃に樊すれば 狂夫も瞿瞿たり

不能辰夜 不夙則莫  辰夜すること能はず 夙からざれば則り莫し

柳を折って樊にしておけば 無茶な男も越えては行かぬ

昼夜の時間も計りかねてのお召し 早くなったり遅くなったり


by mteisi | 2018-01-17 08:20 | 詩経


<< 萬葉集914      朝歌1月16日 >>