詩経204
c0169176_07340420.jpg
蒹葭萋萋 白露未晞  蒹葭萋萋たり 白露未だ晞かす
所謂伊人 在水之湄  所謂伊の人 水の媚に在り
遡洄從之 道阻且躋  遡洄して之に從はんとすれば 道 阻にして且つ躋る
遡游從之 宛在水中坻 遡游して之に從へば 宛として水の中坻に在り
蒹葭(あし)の葉は寒々と茂り 白い露は湿うてまだ乾かぬ
わが思うこの人は 川の媚に居る
川をさかのぼって行こうとすれば 道は躋ってけわしい
流れを渉って行こうとすれば まぼろしの面影は川の洲のほとりに浮かぶ

by mteisi | 2018-02-27 07:47 | 詩経


<< 萬葉集954      朝歌2月26日 >>