詩経222
c0169176_07420753.jpg
株林
胡爲乎株林 從夏南  胡爲ぞや 株林にす 夏南に從ふ
匪適株林 從夏南   株林に適くに匪ず 夏南に從ふ
何故に株林に行かれるのか 夏南の所に行くのだ
株林に遊ばれるのではなくて 夏南の所に行くのだ

駕我乗馬 説于株野  我が乗馬に駕し 株野に説す
乘我乗駒 朝食于株  我が乗駒に乗り 株に朝食す
わが四頭立ての車に乗って 株の野に宿ることもある
わが四頭立ての駒の車に乗って 株の邑で朝食することもある

by mteisi | 2018-03-20 07:52 | 詩経


<< 萬葉集972      朝歌3月19日 >>