萬葉集977
c0169176_08095755.jpg
紀伊國作歌二首
吾戀 妹相佐受 玉浦丹 衣片敷 一鴨將寐
吾が戀ふる 妹はあはさず 玉の浦に 衣片敷き ひとりかも寐む

c0169176_08100256.jpg
玉匣 開巻惜 ■(忄メ厷)夜矣 袖可礼而 一鴨將寐
玉くしげ 明けまく惜しき あたら夜を 袖(ころもで)かれて ひとりかも寝む



by mteisi | 2018-03-25 08:20 | 萬葉集


<< 素      詩経227 >>