萬葉集998
c0169176_07473712.jpg
小弁歌一首
高嶋之 足利湖乎 滂過而 塩津菅浦 今香將滂
高島の 安曇の港を こぎ過ぎて 鹽津菅浦 今かこぐらむ

c0169176_07474027.jpg
伊保麻呂歌一首
吾疊 三重乃河原之 礒裏尒 如是鴨跡 鳴河蝦可物
吾が疊 三重の河原の 礒の浦に かくしもがもと 鳴くかはづかも




by mteisi | 2018-04-15 07:48 | 萬葉集


<< テイ      詩経248 >>