人気ブログランキング | 話題のタグを見る
萬葉集1039
萬葉集1039_c0169176_07123915.jpg
天平元年己巳冬十二月歌一首 幷短歌
虚蟬乃 世人有者 大王之 御命恐弥 礒城嶋能 日本國之 石上 振里尒 紐不解 丸寐乎爲者 吾衣有 服者奈礼奴 毎見 戀者雖益 色二山上復有山者 一可知美 冬夜之 明毛不得乎 五十母不宿二 吾齒曾戀流 妹之直香仁

萬葉集1039_c0169176_07124220.jpg
うつせみの 世の人なれば 大君の 命かしこみ 礒城島の 大和の國の 石上 布留の里に 紐解かず 丸寐をすれば 吾が着たる 衣はなれぬ 見るごとに 戀はまされど 色に出でば 人知りぬべみ 冬の夜の 明かしもえぬを いも寝ずに 吾はぞ戀ふる 妹がたゞかに



by mteisi | 2018-05-27 07:13 | 萬葉集


<< 朝歌5月27日      詩経289 >>