萬葉集1063
c0169176_07561687.jpg
冬隠 春去來之 足日木乃 山二文能二文■(二貝鳥)鳴裳
冬こもり 春さり來れば あしひきの 山にも野にも 鶯鳴くも
紫之 根延横野之 春野庭 君乎懸管 鶯名雲
紫草の 根延ふ横野も 春野には 君をかけつゝ 鶯鳴くも



by mteisi | 2018-06-20 07:57 | 萬葉集


<< 耿      詩経313 >>