c0169176_07450774.jpg
ゴ さからう
象形
杵形の器の形。
これを呪器として用いた。
これで邪悪を祓うことがあり、
その祭儀を御という。
御の卜文の形には、
午あるいは幺に作る。
幺は糸たばを拗た形で、
わが国の白香(しらか)のようなものであろう。
卜文には幺が多く、
金文には午が多い。


by mteisi | 2018-07-12 07:45 | 語源で遊ぶ


<< 朝歌7月12日      萬葉集1085 >>