萬葉集1266
c0169176_08152040.jpeg
我門尒 禁田乎見者 紗穗内之 秋芽子爲酢寸 所念鴨
吾が門に 守る田を見れば 佐保のうちの 秋萩すゝき 思ほゆるかも

c0169176_08152279.jpeg
詠河
暮不去 河蝦鳴成 三和河之 清瀬音乎 聞師吉毛
夕さらず かはず鳴くなる 三輪河の 清き瀬の音を 聞かくしよしも





by mteisi | 2019-01-11 08:16 | 萬葉集


<< 朝歌1月11日      詩経523 >>