c0169176_08152513.jpeg
イ のり・つね
会意
鷄を両手(廾)でもち、
羽交いじめにして血を吐かせている形。
その血で祭器や礼器を清め、
宗廟の祭祀に用いるので、
その器を彝器という。
鷄血で清めるのは、
釁礼という儀式。
釁には酉(酒樽)の形だが、
器物や建造物の釁礼には、
牲血を用いた。
彝を米と糸と廾に作るのは、
初形を全く失っている。

by mteisi | 2019-02-10 08:15 | 語源で遊ぶ


<< 朝歌2月10日      萬葉集1297 >>