2008年 12月 31日 ( 1 )
2008年12月31日
地禄神社

c0169176_2216482.jpg

地禄神社が白木原の氏神様が。
85才になる私の父がせっせと世話を焼いている。
今日も氏子の人達と正月を迎えるということで暖をとるための薪集め。

よく考えるとたいしたものは作ってはいないが、
合板や板が駐車場や、作業場と化した3階の教室に
沢山散らかっていたので、
せっせと片付けて軽トラック一杯持って行った。

幟が階段の両脇に眩しく立っていた。見慣れた父の字だった。
見ていたはずだが、今日は新鮮。
堂々として清々しい。
父は今日もここで正月を迎える。

今年は白川静に始まって白川静で暮れた。
また白川静から始まる。
今日アマゾンから松岡正剛の「白川静」が届いた。
NHKの放送ではあまりいい印象を持たなかったので、
どうしようかと思ったが、とりあえず読んでからと買ってみた。

武田双雲が評判になって、書が見直されるといいと思う。
だが、語源の面白さから書への入り口を見いだすのが、
一番本質的で面白いところへ、導いてくれんじゃなかろうか。
福岡書芸院の全員が自発的に「字統」を手にするようになったら、
面白いことになるかな。如何にし向けるか。
by mteisi | 2008-12-31 23:18 | 書について