2009年 01月 28日 ( 1 )
2009年1月27日
良寛「いろは 一二三双幅」

良寛の作品に「いろは」と「一二三」の三文字を書いた書がある。
これがさらりとしかも深みのあるコクを持った、いい間で書かれている。
流石の作。
絶版になっている中央公論社の書道藝術第20巻「良寛」を見ながら紹介してみたい。
トリミングによって余白が違うかもしれないが、そこは考えないことにして。
題に「いろは 一二三」双幅と書いてあるから二つで一つの作品と考えてもよい。
だが、落款は両方共に書かれていて独立している。
作品の上下の空間を天地とも呼ぶが、天と地の空き具合の違いによって
微妙な気配が生まれてくる。
「いろは」は天を広くあけて書き「一二三」はそれより狭く書き出している。
「いろは」は字の流れと字間の間の変化、
そして筆運びの速さのちがい筆圧のちがいを見せている。
天を広く空けながら一画目を短く、余り強くなく書き出している。
それは大きく右に傾き二画目はそれと平行に高い位置に打ち込んでいる。
中心線は45度くらい右に傾き、そのまま「ろ」に向かう。
流れを垂直方向にもどし字形を安定させる。
だが、この時二画目の縦へ降りる線は刻んだようにかすれている。
この線は筆を途中で固めているので、
筆圧をかけると畳の目のようにギザギザが出るのだ。
「い」の字を書くときに墨を沢山つけてないのがこのような線を生み出している。
このかすれの渋滞した様な線は枯淡を表すのに効果的である。
さて、「は」の字だが「い」から「ろ」の間よりやや空いている。
「ろ」の墨量からすると少し墨継ぎをした線だが、
呼吸はとぎれてないように見える。
筆先を絞り込んだ様子は見えなく、らくに引いている。
墨は残っていたのであろう。
すると「ろ」の力かげんは絶妙であるし、
墨を継いだとすれば、またその呼吸も見事である。
そして落款「沙門良寛書」は細ぼそと草書で書かれている。
鋒先だけでかすかすと書いたのであろう。

c0169176_11494859.jpg

「いろは」臨書してみた。
by mteisi | 2009-01-28 11:54 | 歴史的な作家と書