2010年 06月 06日 ( 1 )
古今和歌集43
c0169176_19373313.jpg

水のほとりに梅の花さけりけるをよめる
   伊勢

春ごとに ながるる河を 花と見て
おられぬ水に 袖やぬれなむ

水辺に梅の花の咲いていたのをよんだ歌。

春のくるごとに流れる水に映っている梅の花を
実際の花と見まちがえて、折り取ろうとして折れない
川水で袖がぬれることであろうか。
by mteisi | 2010-06-06 19:38 | 古今和歌集