2010年 06月 09日 ( 1 )
古今和歌集46
c0169176_2355531.jpg

寛平の御時きさいの宮の歌合のうた
    よみ人しらず

梅がかを そでにうつして とどめてば
春はすぐとも かたみならまし

寛平の御時后宮(きさいのみや・七条后温子)の歌合に番(つか)われた歌。

梅の花の芳香を、袖に移しとどめておいたならば、
たとい春は過ぎ去っても、梅の花のかたみとなるであろうものを。
by mteisi | 2010-06-09 23:57 | 古今和歌集