2010年 06月 12日 ( 1 )
古今和歌集49
c0169176_2315128.jpg

人の家にうゑたりけるさくらの花さきはじめたりけるを見てよめる
   つらゆき

ことしより 春しりそむる さくら花
ちるという事は ならはざらなむ

人の家に植えてあった桜の花が、今年はじめて咲いたのを見てよんだ歌。

今年はじめて春を知って花をつけた桜花よ、
散るということはほかの桜に見ならわないでほしいものだ。
by mteisi | 2010-06-12 23:23 | 古今和歌集