2010年 06月 22日 ( 1 )
古今和歌集59
古今和歌集59_c0169176_1861325.jpg

「歌たてまつれ」とおほせられし時によみたてまつれる

桜花 さきにけらしな あしびきの
山のかひより 見ゆる白雲

天皇が「歌を奉れ」とおほせられた時によんで奉った歌。

桜の花が咲いたらしいよ、山あいから白雲が見えるが、
あれはまさに桜の花であろう。

仮名だけでなく漢字も混ぜてみた。
よは誤字。「かひ」を「かよひ」と思ってしまった。
by mteisi | 2010-06-22 18:10 | 古今和歌集