2010年 09月 17日 ( 1 )
古今和歌集122
c0169176_78156.jpg

春雨に にほへる色も あかなくに
かさへなつかし 山吹の花

降る春雨に洗われて鮮やかに映えている色だけでも見あきないのに、
さらにその香りまで心ひかれることであるよ、
この山吹の花は。
by mteisi | 2010-09-17 07:12 | 古今和歌集