2011年 02月 27日 ( 2 )
c0169176_1422241.jpg


耳に又(手のかたち)で取るとなる。
戦の時首を持ち帰るのは大変なので、
左耳を取ってきたそうだ。
もちろん戦功を示すために。
by mteisi | 2011-02-27 14:26 | 語源で遊ぶ
古今和歌集268
c0169176_7113678.jpg
am7:03☆☆
薄紫と空色のかろやかな動き。

c0169176_7114483.jpg


人のせんざいにきくにむずびつけてうゑけるうた。
 在原なりひらの朝臣

うゑしうゑば秋なき時やさかざらむ
花こそちらめねさへかれめや

ある人の前庭に植えた菊に結びつけた歌。

しっかりと真心こめて植えたならば、秋のないときには咲かないであろうが、
秋のない年はないので、かならず毎年咲くであろう。
秋が過ぎれば、咲いた花は散るであろうが、根まで枯れることがあろうか、
根までかれることはないので、また来る秋には咲くであろう。
by mteisi | 2011-02-27 07:22 | 古今和歌集