2011年 03月 02日 ( 1 )
古今和歌集271
古今和歌集271_c0169176_711981.jpg
am7:02☆
うっすらと紅をさした雲。

古今和歌集271_c0169176_7114898.jpg


寛平の御時きさいの宮の歌合のうた
 大江千里

うゑし時花まちどほにありしきく
うつろふ秋にあはむとや見し

寛平御時后の宮歌合に番(つか)われた歌。

植えつけたとき、花の咲く時期があのように待ち遠しかった菊であるのに、
花のしおれしぼむ秋に会おうなどとおもってもみたであろうか、
思いもしなかったことである。
by mteisi | 2011-03-02 07:22 | 古今和歌集