2011年 03月 05日 ( 1 )
古今和歌集274
古今和歌集274_c0169176_6593717.jpg
am6:48☆
白い雲が帯のように。

古今和歌集274_c0169176_712011.jpg



菊の花のもとにて人の人まてるかたをよめる
 とものり

花見つつ人まつ時はしろたへの
袖のかとのみぞあやまたれける

菊の花のもとにで、ひとりの人がだれかを待っている形の州浜を詠んだ歌。

花を見ながら人を待っているときには、
待ちわびる人の白い袖かとばかり見あやまられたことであるよ。
by mteisi | 2011-03-05 07:13 | 古今和歌集