2011年 03月 09日 ( 1 )
古今和歌集278
c0169176_7114765.jpg
am7:03☆☆
うすあかい雲がふんわりと浮かんでいる。

c0169176_717346.jpg


これさだのみこの家の歌合のうた
 よみ人しらず

いろかはる秋のきくをばほととせに
ふたたびにほふ花とこそ見れ

是貞親王家歌合に番(つか)われた歌。

霜にあって色の変わる秋のきくをば、
一年のうちに二度咲きにおう花と見あやまることである。
by mteisi | 2011-03-09 07:18 | 古今和歌集