2011年 03月 13日 ( 1 )
古今和歌集282
c0169176_713646.jpg
am7:03☆
むらさきの山並みからうすい肌色そしてブルーへと。

c0169176_7125122.jpg


みやづかへひさしうつかうまつらで山ざとにこもり侍りけるによめる
 藤原関雄

おく山のいはがきもみぢちりぬべし
てる日のひかり見る時なくて

宮廷に久しく出仕申さないで、山里に引きこもっていた時に詠んだ歌。

奥山の絶壁に根をおろした紅葉が散ってしまいそうである。
あかるく照る太陽の光を仰ぎみる時もなく。
by mteisi | 2011-03-13 07:17 | 古今和歌集