2011年 03月 22日 ( 1 )
古今和歌集291
c0169176_715361.jpg
am7:07☆
やわらかいふんわりとした雲。

c0169176_7154897.jpg


 せきを

霜のたてつゆのぬきこそよわからし
山の錦のおればかつちる

山の紅葉は、霜の縦糸、露の横糸で織られた錦であるが、
その縦糸と横糸が弱いようである。錦が降りあがったと思うと、
そのそばから散ってゆくによれば。
by mteisi | 2011-03-22 07:23 | 古今和歌集