2011年 03月 26日 ( 1 )
古今和歌集295
c0169176_71391.jpg
am7:04☆
小雨降る一面薄鼠の空。

c0169176_713445.jpg


これさだのみこの家の歌合のうた
 としゆきの朝臣

わかぎつる方もしられずくらぶ山
木々のこのはのちるとまがふに

是貞親王家歌合に番(つか)われた歌。

自分がやって来た方角さえわからない。
その名もくらいというくらぶ山では、
木々の木の葉が散り乱れているので。
by mteisi | 2011-03-26 07:21 | 古今和歌集