2011年 04月 04日 ( 1 )
古今和歌集304
古今和歌集304_c0169176_71181.jpg
am7:02☆
青い空がひとつ。

古今和歌集304_c0169176_7112381.jpg


池のほとりにてもみぢのちるをよめる
 みつね

風ふけばおつるもみぢば水きよみ
ちらぬかげさへそこにみえつつ

池のあたりで紅葉がちるのを見てよんだ歌。

風が吹くので池の面に紅葉が散って浮かんでいるが、
池水が清くすんでいるので、まだ枝に残っている紅葉まで、
水底に映って見えていることであるよ。
by mteisi | 2011-04-04 07:18 | 古今和歌集