2011年 04月 06日 ( 1 )
古今和歌集306
古今和歌集306_c0169176_7142280.jpg
am7:06☆
雲のない青い空が広がっている。

古今和歌集306_c0169176_7142797.jpg


是貞のみこの家の歌合のうた
 ただみね

山田もる秋のかりいほにおくつゆは
いなおほせ鳥の涙なりけり

是貞親王家歌合に番(つか)われた歌。

秋の山田の番をするために設けられた仮の庵におく霜は、
稲負鳥の涙であったのだよ。
by mteisi | 2011-04-06 07:23 | 古今和歌集