2011年 04月 07日 ( 1 )
古今和歌集307
古今和歌集307_c0169176_7111010.jpg
am7:04☆☆
山際に遠い空が透けていて、そこにグレーなんだけど色々な色が織り込まれていて、
複雑な造形のコントラストが面白い。

古今和歌集307_c0169176_7114328.jpg


題しらず
 よみ人しらず

ほにもいでぬ山田をもると藤衣(ふじごろも)
いめばのつゆにぬれぬ日ぞなき

まだ穂さえ出ていない山田の稲の番をするといって、
身にまとったそまつな着物が露にぬれない日はないことである。
by mteisi | 2011-04-07 07:19 | 古今和歌集