2011年 05月 02日 ( 1 )
古今和歌集332
c0169176_6222639.jpg
am5:50☆
黄砂のような薄ねずみ。

c0169176_6223694.jpg


やまとのくににまかれける時にゆきのふりけるを見てよめる
 坂上これのり

あさぼらけありあけの月と見るまでに
よしののさとにふれるしらゆき

大和国に下っていたときに雪の降っていたのを見て詠んだ歌。

夜があけそめて、
まだ有明の月が照っているのではなかろうかと見えるほどに、
吉野の里には白雪が降り積もっていることよ。
by mteisi | 2011-05-02 06:29 | 古今和歌集