2011年 05月 09日 ( 1 )
古今和歌集339
c0169176_6254719.jpg
am6:17☆
くらいしら雲のかさなり。

c0169176_6382245.jpg


年のはてによめる
 在原もとかた

あらたまの年のをはりになるごとに
雪もわが身もふりまさりつつ

年末に詠んだ歌。

毎年毎年、年末になるごとに、雪もますます降りまさるが、
私自身もますます年老いてゆくことであるよ。
by mteisi | 2011-05-09 06:39 | 古今和歌集