2011年 05月 12日 ( 1 )
古今和歌集342
c0169176_617422.jpg
am6:07☆
ホワイト&グレー。

c0169176_618359.jpg


「歌たつまつれ」とおほせられし時によみたてまつれる
 きのつらゆき

ゆく年のしくもあるかなますかがみ
見るかげさへにくれぬと思へば

「歌を奉れ」と仰せられたときに詠んだ歌。

すぎ去ってゆく年の惜しいことであるよ。
年が暮れるのみでなく、澄んだ鏡に映して見る私の影までも、
人生の暮れに近づいてしまったように思われるので。
by mteisi | 2011-05-12 06:25 | 古今和歌集