2011年 06月 08日 ( 1 )
古今和歌集369
c0169176_6144122.jpg
am6:10☆
白いグレーの雲が一面に。

c0169176_615036.jpg


さだときのみこの家にて、ふぢはわのきよふむがあふみのすけに
まかりける時にむまのはなむけしける夜よめる
 きのとしさだ

けふわかれあすはあふみとおもへども
夜やふけぬらむ袖のつゆけき

貞時親王の家で、藤原清生(きよふ)が近江の介になって赴任したときに、
餞別を催した夜よんだ歌。

今日ここで別れても明日はすぐに近江(「逢ふ身」という所)であるとは思っているけれども、
すでに夜が更けてしまった露がおいたからであろうか、袖がしめっぽいことであるよ。
by mteisi | 2011-06-08 06:30 | 古今和歌集