2011年 06月 21日 ( 2 )
トラクターで土搔き
c0169176_22424843.jpg
土搔き前
c0169176_22423494.jpg
その後

トラクターで土を掻き回してきた。
トラクターのメンテナンスを全然しないで、
露天にブルーシートを被せただけなので、
良く動くなあという感じ。
爪のバランスを取る小さな車輪が取れてしまった。
油を差さないから錆が来て壊れたようだ。
仕方がないので、
そのまま動かしてきて、一応終了。
by mteisi | 2011-06-21 22:49 | 野良しごと
古今和歌集382
c0169176_6253283.jpg
m6:15☆
グレーの空に白いかたまりが。

c0169176_6255973.jpg


あひしれるける人のこしのくににまかりてとしへて京にまうできて、
又かへりかる時によめる。
 凡河内みつね

かへる山なにそはありてあるかひは
きてもとまらぬ名こそありけれ

前から知り合いであった人が越の国(北陸地方)に下っていて数年たって都に上って来て、
ふたたび越の国に帰っていった時に詠んだ歌。

越の国の帰る山は、いったいその山があって何のかいがあるのか、
何のかいもないではないか、いや、越の国にある意味は、
越に帰って来ても都にとどまらないで、
ふたたび越の国へ帰るという名であったよ。
by mteisi | 2011-06-21 06:38 | 古今和歌集