2011年 12月 17日 ( 2 )
古今和歌集561
c0169176_732890.jpg
am6:59
厚い雲がもくもくと今日も。

c0169176_733763.jpg


 紀とものり

夜ひのまもはかなく見ゆる夏虫に
迷(まど)ひまされるこひもするかな

まだ宵のうちでも、
いじれ火に飛び込んでしんでしまうであろうと、
はかなく見える夏の虫よりも、
さらにいっそうひどく迷っているような
はげしい恋をもすることであるよ。
by mteisi | 2011-12-17 07:04 | 古今和歌集
今朝の一筆
c0169176_5574792.jpg
石ころ

昨日「定外禅」を書いた。
そして思ったのだが、
禅僧の良寛・慈雲・白隠・仙厓・大燈国師などは
書の大家である王羲之・顔真卿・何紹基・蘇東坡・・・・より
素晴らしいと思っているのに
座禅をしたことがないと。

それにクリシュナム・ルティ
瞑想するとよいといっていたのに。

それで5時前に起きて座禅をしてみた。
頭の中で色々なものが動き出し
そのうち熊谷守一が
一日中石ころを眺めて坐っていた
ということにたどりついて、

石ころを書いてみた。
by mteisi | 2011-12-17 06:13 | 自作の書