2011年 12月 28日 ( 3 )
トラクター全開
c0169176_16173568.jpg

風邪気味でのどは痛いし、
何となく忙しいしで、
野良仕事を随分サボっていた。
久し振りの山での仕事は気持ちがいい。
特に今日はトラクターを運転するだけ。
トラブルもなく順調に耕し終えた。
by mteisi | 2011-12-28 16:22 | 野良しごと
古今和歌集572
c0169176_7533310.jpg
am7:30
ぼんやりとほのぼのと。

c0169176_7533756.jpg


 紀つらゆき

君こふる涙しなくば唐衣
むねのあたりは色もえなまし

あなたを恋慕って流す涙がもしないならば、
私の着物の胸のあたりは「思ひ」の火で、
まっ赤に燃えあがってしまうだろう。
by mteisi | 2011-12-28 07:54 | 古今和歌集
今朝の一筆
c0169176_6405896.jpg


別冊太陽の川瀬敏郎の本を見ていたら、井上有一の戎をみつけた。
 (あとで本を見直したら戎ではなく戒だった。)
ギラギラとした生生しさが持つ
その生命力は有一だけのものだ。
いつも大きなエネルギーに圧倒される。
その本には
熊谷守一の鳥獣虫魚が顔を出していた。
慈雲の本来人もあった。
白隠も見たような気がする。
私の尊敬する書の
10指に入るものばかりだ。
慈雲、守一は
どちらを1にするか
いつも迷う。
以前は圧倒的に守一だったのだが。

花も面白いのだが
花入れにしても
花台にしても
背景にあるものがとても面白い。
坂田さんのas.it.isで
活けているものも
圧巻だった。

花も粋だが
道具たちの方に
目が行ってしまう。

花はそれだけで十分美しいのだが
摘む手や周りにあるもので
一変してしまう。
命のありようが面白い。

ところで
戎は戈とナからなっている。
ナは十でもよく盾をを表す形。
古の字も盾と口(サイ)である
祝禱を入れる器をあらわすが、
盾が口のなかの呪文を守っているのである。
戈は武器であるホコで
戈と盾で戦を表す文字。

c0169176_641366.jpg
戒はいましめるという字。
廾は両手を表す形。
両手に戈を持って
警戒をしているかたじである。
甲骨文の形で書いてみた。
つくづく上手くできていると
思う。
(これを書いといてよかった。有一の字はこの字。)
by mteisi | 2011-12-28 07:23 | 語源で遊ぶ