2012年 07月 06日 ( 2 )
古今和歌集763
c0169176_6191646.jpg
am5:50
上の方には青い空も。

c0169176_6191933.jpg


わが袖にまだき時雨のふりぬるは
君が心に秋やきぬらむ

私の袖にまだ秋でもないのに時雨が降ったのは、
あなたの心にすでに秋がきてしまったからであろうか。
by mteisi | 2012-07-06 06:24 | 古今和歌集
c0169176_63290.jpg

キ かえる・とつぐ・おくる

旧字は歸。
𠂤と止と帚からなる。
卜文・金文は𠂤と帚からなる。
𠂤は軍が出行するとき祭った肉で脤という。
凱旋のときはこれを寝廟に奉じて、
帰還の報告をする。
帚は廟中を酒で浄めるときのも。
帰は軍が帰還して寝廟に報告する儀礼のこと。
by mteisi | 2012-07-06 06:17 | 語源で遊ぶ