2012年 08月 03日 ( 2 )
古今和歌集791
c0169176_534763.jpg
am4:50
まんまるお月様

c0169176_54277.jpg


 伊勢

冬がれののべとわが身を思ひせば
もえても春をまたましものを

もしも私自身を、冬がれの野原と考えることができるならば、
たとえ燃えても、ふたたび芽生える春を待ちもしようものを。
野原ではないので、ふたたび春にあうことができないのが残念である。
by mteisi | 2012-08-03 05:07 | 古今和歌集
c0169176_4554475.jpg

ドゴンの扉

土死民雨不利加
by mteisi | 2012-08-03 04:57 | 自作の書