2012年 08月 26日 ( 2 )
古今和歌集814
c0169176_694032.jpg
am5:50
朝焼けの赤い雲。

c0169176_693648.jpg


藤原おきかぜ

怨みてもなきてもいわむ方ぞなき
かがみに見ゆる影ならずして

いとしい人に忘れられて、
いかに恨んでも、いかに泣いても、
訴えるべき所はどこもない。
鏡に映る自分の影以外には。
by mteisi | 2012-08-26 06:12 | 古今和歌集
c0169176_5561362.jpg

金文の字形は田と辰とから出来ているが、
紹介の金文は田と草と辰と手から出来ている。
辰は貝で作った田を耕す道具を表し、
全体で農作業を表している。
by mteisi | 2012-08-26 06:03 | 自作の書