2012年 09月 11日 ( 4 )
稲と猪
稲と猪_c0169176_17102180.jpg
穂がついた

稲と猪_c0169176_17102391.jpg
猪が掘った後

稲と猪_c0169176_17102626.jpg
穂を倒している

展覧会が終わって一週間ぶりに田圃に行ったら、
花をつけていた。
そして、フェンスを閉め忘れてそこから
猪に入られて土手を掘り返され
育ちの悪い奥の方の稲が倒されていた。
by mteisi | 2012-09-11 17:22 | 野良しごと
ドゴンの扉
ドゴンの扉_c0169176_1741721.jpg

ドゴンの扉のパフォーマンスをやった。
その上で、孫の花埜と景が遊んでいた。
by mteisi | 2012-09-11 17:06 | 自作の書
地_c0169176_6374347.jpg

地の初文は墜。
阜とスイ(活字がない)と土から出来ている。
阜は階段で神様が降りてくるもの。
スイは犠牲の動物。
土は社でそこが神霊が降りるところ。
地はのちに作られ、
墜は墜落の墜にも使われるようになった。
by mteisi | 2012-09-11 06:50 | 自作の書
古今和歌集830
古今和歌集830_c0169176_6321778.jpg
am6:19
オフホワイトにグレーの雲。

古今和歌集830_c0169176_6321370.jpg


そせい法し
ちの淚おちてぞたぎつ白河は
君が世までの名にこそ有りけれ

今や血の涙が流れおち、
真っ赤に逆巻いている白河は、
もう白河などとはよべないので、
前の太政大臣の在世の時までの名であったよ。
by mteisi | 2012-09-11 06:34 | 古今和歌集