2012年 09月 13日 ( 2 )
古今和歌集832
c0169176_7193376.jpg
am7:10
澄んだ青空。

c0169176_7143016.jpg


かむつけのみねを(上野岑雄)

ふかくさののべの桜し心あらば
ことし許はすみぞめにさけ

堀河の大臣を葬った深草の野辺にある桜に、
情があるならば、せめて大臣の亡くなった今年だけは、
墨染めの色に咲いてくれよ。
by mteisi | 2012-09-13 07:21 | 古今和歌集
c0169176_734738.jpg

艮は目と後ろに下がる人からなっている。
呪的な目的で掲げられている邪眼と、
その下に後ろ向きに退く人がかかれている。
呪眼に会って進みがたい意象の字で、
一所に渋滞してかたまるものの意がある。
木と組み合わせて根となる。
by mteisi | 2012-09-13 07:11 | 語源で遊ぶ