2012年 10月 05日 ( 3 )
稲と猪
c0169176_1858172.jpg

空き時間に草刈りをしている。
今日行ってみると田圃の柵の中に猪が入って
土手を掘り返していた。
土手の斜面にも柵をしているが、
隙間があってそこから入っていた。
塞いできたから今度は大丈夫だろう。
稲の方は白い穂が目だってきた。
どうなることか。
by mteisi | 2012-10-05 19:03 | 野良しごと
c0169176_74733.jpg

書を始めてからずっと拙のことが気になっている。
老子の「大巧如拙」が食いついてくる。
無くなるといいのかも。
by mteisi | 2012-10-05 07:09 | 自作の書
古今和歌集854
c0169176_704924.jpg
am6:49
爽やかな秋の朝空。

c0169176_705211.jpg


とものり

ごとならばことのはさへもきえななむ
見れば淚のたぎまさりけり

どうせ同じことなら、父が亡くなると同時に、
その詠んだ歌までも、消えてしまってほしいことである。
父のことが忍ばれて悲しくなり、
淚が滝のようにますますあふれるので。
by mteisi | 2012-10-05 07:02 | 古今和歌集