2013年 04月 14日 ( 3 )
懐風藻76
c0169176_7534886.jpg

七夕
 正六位上但馬守百済公和麻呂

仙期呈織室 神駕逐河辺 笑瞼飛花映 愁心燭処煎
昔惜河難越 今傷漢易旋 誰能玉機上 留怨待明年

七夕
 
仙期織室に呈れ 神駕河辺に逐ふ 笑瞼飛花映じ 愁心燭処煎ず
昔は河の越えがたきを惜しみ 今は漢の旋り易きを傷む たれかよく玉機の上 怨を留めて明年を待たん

織女星の室に七夕の季節が訪れ、姫は車に乗って天の川に向かう。喜びにほほえむ顔は花の咲くようであり、片や別れの憂いに心もいりつく思い。前には銀河を越えられないと悔しがったが、今は銀河の廻りやすいのを悲しむばかり。だらがよくはたおり機の上で、離別の怨みをもって明年まで待ちえよう。
by mteisi | 2013-04-14 07:54 | 懐風藻
古今和歌集1044
c0169176_7494567.jpg
am7:41
ふんわりと雲の空。

c0169176_7494244.jpg


紅にそめし心もたのまれず
人をあくにはうつるてふなり

まっ赤に染めた心も、
頼みにすることは出来ない。
灰汁で洗うと色がさめてしまうように、
人を飽くと愛情もさめるということである。
by mteisi | 2013-04-14 07:52 | 古今和歌集
c0169176_7445744.jpg

クウ あな・むなしい・そら

声符は工。
工には虹・杠のようにゆるく湾曲する形のものを
示すものがあり、空もその声羲をうける字である。
もと空竅をいい、空虚・空孔の意であった。
天空の羲は最も後起のものである。
by mteisi | 2013-04-14 07:45 | 語源で遊ぶ