2013年 04月 21日 ( 3 )
懐風藻83
c0169176_7391860.jpg

和藤原大政遊吉野川之作
 従五位下陰陽兼皇后宮亮大津連首

地是幽居宅 山惟帝者仁 潺湲浸石浪 雑沓応琴鱗
虚懐対林野 陶性在風煙 欲知歓宴曲 満酌自忘塵

藤原の大政吉野川に遊ぶの作に和す
 
地はこれ幽居の宅 山はこれ帝者の仁 潺湲石を浸すの浪 雑沓に応ずるの鱗
懐を虚にして林野に対し 性を陶して風煙にあり 歓宴の曲を知らんと欲せば 満酌おのづから塵を忘る

土地は閑寂かくれ住むによく、山は天子の仁徳そのものの姿。水はとうとうと流れて石を没し、群れを泳ぐ魚族はことのに応えて跳る。山林に高雅な思いをむすび、風や霞に心を清め陶冶する。酒宴の趣を知りたいのなら、満酌陶然のさまを見ればいい。
by mteisi | 2013-04-21 07:39 | 懐風藻
古今和歌集1051
c0169176_7364253.jpg
am7:21
雨含みの雲がもくもくと。

c0169176_7364032.jpg


 伊勢

なにはなるながらのはしもつくるなり
今はわが身をなににたとへむ

古いものとして知られている難波の長柄の橋も、
新しく作り替えるということである。
これからは、古くなった私を、
なににたとえようか。
by mteisi | 2013-04-21 07:37 | 古今和歌集
c0169176_723948.jpg

コウ あか

声符は后。
后にしたがう字に姤・詬があり、
姤には悪、
詬には恥の意がある。
by mteisi | 2013-04-21 07:28 | 語源で遊ぶ