2013年 05月 09日 ( 3 )
懐風藻98
c0169176_6591774.jpg

遊吉野川
 従三位兵部卿兼左右京大夫藤原万里

友非干禄友 賓是飡霞賓 縦歌臨水智 長嘯楽山仁
梁前柘吟古 峡上簧声新 琴樽猶未極 明月照河浜

吉野川に遊ぶ
 
友は禄を干むる友にあらず 賓これ霞を飡ふの賓 縦に歌って水智に臨み 長く嘯いて山仁を楽しむ
梁前柘吟古り 峡上簧声新たなり 琴樽なほいまで極まらず 明月河浜を照らす

友は世俗の栄誉を求めるともではなく、客は超俗、霞をくらう客である。川の流れを臨みみて心のままに歌い、山の高きに登りて声長く口ずさむ。梁の前で柘姫が歌ったのは昔のこと、今は谷間に笙の音が新しく響いている。琴酒の宴はなお尽きない。明月は川原に照り輝いている。
by mteisi | 2013-05-09 07:14 | 懐風藻
古今和歌集1069
c0169176_650227.jpg
am6:30
うすい雲が重なりながら空の上。

c0169176_6495967.jpg


おほなほびのうた

あたらしき年の始めにかくしこそ
ちとせをかねてたのしきをつめ

大直日神を祭る歌。

新しい年のはじめにあたり、
このように御竈木を積み重ねるとともに、
千年までをことほいで、
楽しいことを積み重ねよう。
by mteisi | 2013-05-09 06:52 | 古今和歌集
c0169176_6292411.jpg

ガン・ゲン まなこ・め・みる

声符は艮。
艮には人の逆行する形を示す退にしたがうものと、
呪限を示す限にしたがうものとがある。
眼の古い字形がなくて確かめがたいが、
眼はおそらく限字のしたがう艮を声符とするものであろう。
限は神の陟降する神悌である阝(フ)の前に呪眼を掲げ、
それにおそれて人が立ちかえる形の字であった。
by mteisi | 2013-05-09 06:44 | 語源で遊ぶ