2013年 07月 04日 ( 3 )
杜甫
c0169176_7311536.jpg

絶句
 杜甫

江碧鳥逾白 山青花欲然 今春看又過 何日是歸年

絶句 ぜっく
 杜甫 とほ

江碧にして鳥逾ゝ白く 山青くして花然えんと欲す 今春看すみす又過ぐ 何れの日にか是れ歸年

錦江の水はひどりに澄んで、白い鳥がいよいよ白く見え、山が青々と色づいて、そこに咲いている紅の花はまるで燃えるようにあざやかだ、いい春景色だ。今年の春も、こうしてみるみるうちに、また過ぎてゆく。いつになったら、故郷に帰れよう。
by mteisi | 2013-07-04 07:31 | 唐詩選五絶
河原左大臣
c0169176_7262252.jpg
am7:03
調子の違う雲と光と。

c0169176_7261993.jpg

河原左大臣

陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに
乱れそめ(脱字)にしわれならなくに

陸奥に産するしのぶずりの乱れ模様のように
私の心は乱れているが、
これはあなた以外のだれのせいもない。
あなたひとりのために乱れはじめたのだよ。
by mteisi | 2013-07-04 07:29 | 百人一首
c0169176_7194186.jpg

ハ なみ

形声。
音符は皮(ひ)。
皮に破(やぶる)・跛(あしなえ)の音がある。
皮は獣の皮を手で引き剥がしている形で、
うねうねと続くもの、
傾くものの意味がある。
by mteisi | 2013-07-04 07:24 | 語源で遊ぶ