2013年 07月 12日 ( 4 )
罷相作
罷相作_c0169176_1322587.jpg

罷相作
 李適之

避賢初罷相 楽聖且銜杯 爲問門前客 今朝幾箇來

相を罷めて作る
 李適之 りてきし

賢を避けて初に相を罷め 聖を楽しんで且つ杯を銜む 爲に問ふ門前の客 今朝幾箇か來る

自分がいつまでもがんばっていては後進の邪魔になるから、賢人の進む路を避けるために宰相をやめた。そしてのんびりと酒杯を口にして、隠しことばでいえば聖人の道をたのしむという気持ちで、つまり清酒の醇なやつを存分に頂戴しようというわけ。それはそうとして、さてちょっと訊くが、玄関をおとないお客さんは、今朝は何人来たかい。急にひっそり閑としてしまったね。
by mteisi | 2013-07-12 13:22 | 唐詩選五絶
文屋康秀
文屋康秀_c0169176_13121463.jpg
pm1:12
興起白雲澄虚清青

文屋康秀_c0169176_1312356.jpg

文屋康秀

吹くからに秋の草木のしをるれば
むべ山風をあらしといふらむ

吹くとすぐに秋の草木がしおれてしまうので、
なるほど、それで山から吹きおろす荒い風のころを、
嵐というのであろう。
by mteisi | 2013-07-12 13:18 | 百人一首
礙_c0169176_1341942.jpg

ガイ さまたげる

形声。
声符は疑。
[説文]に「止どむるなり」という。
疑は凝然として人の立ちつくす形であるから、
止まって進退しない意がある。
それで石によってさえぎられること。
障礙の意を示したものであろう。
路はまた碍に作ることがある。
by mteisi | 2013-07-12 13:09 | 語源で遊ぶ
草取り
草取り_c0169176_933763.jpg

草取り_c0169176_934066.jpg

草取りではなくて、掻き回して除草する方法を試している。
今日で3日目、日中にやったが暑くて大変だった。
それで、5時起きで山にやってきた。
涼しくていいのだが、やはりハード。

福島の女性の方が、
そうして草を押さえているという映像を見た。
狭いところでも大変なのに、凄いなと思う。
その米が放射能に汚染されてしまっている。
とんでもなく、悲しいことだ。

背の高い方が自作の苗。
低い方は頂いた「ひのひかり」。
元気に育て。
by mteisi | 2013-07-12 09:15 | 野良しごと