2013年 07月 16日 ( 3 )
蕭穎士
蕭穎士_c0169176_8511870.jpg

九日陪元魯山登北城留別
 蕭穎士

綿連ち(嗤の口が氵)川迥 杳渺鴉路深 彭澤興不淺 臨風動歸心

九日元魯山に陪して北城に登りて留別す
 蕭穎士 せうえいし

綿連としてチ川迥(はるか)なり 杳渺として鴉路深し 彭澤興淺からず 風に臨んで歸心を動かす

今日は重陽の佳節で、魯山縣令の祝宴に陪席して、北の城壁に登って眺めると、チ川の流れがうねうねと遠くつづいており、鴉路のみちすじは、はるばると奥深く地平線へ分け入っている。今の世の陶淵明ともいうべき元君は、この佳節に高いところに登って、いかにも興深げに見受けられる。そして風に吹かれて、しきりにお国へ帰りたいご心境に名っておいでのようすだ。これも陶淵明が帰去来辞を作って彭澤縣令を辞任した心境にさも似た、すがすがしさではないか。
by mteisi | 2013-07-16 08:51 | 唐詩選五絶
貞信公
貞信公_c0169176_826920.jpg
am8:02
白雲霞雲青混白

貞信公_c0169176_826610.jpg

26
貞信公

小倉山峰のもみぢ葉心あらば
今ひとたびのみゆき待たなむ

小倉山の峰の紅葉よ、
もしおまえに心があるのならば、
もう一度、天皇の行幸があるはずだから、
そのときまで散らないで待っていてほしいものだ。
by mteisi | 2013-07-16 08:29 | 百人一首
礙_c0169176_821576.jpg

ガイ さまたげる

この書は私の作字。
形声。
声符は疑。
[説文]に「止どむるなり」という。
疑は凝然として人の立ちつくす形であるから、
止まって進退しない意がある。
それで石によってさえぎられること。
障礙の意を示したものであろう。
路はまた碍に作ることがある。
by mteisi | 2013-07-16 08:24 | 語源で遊ぶ