2013年 09月 17日 ( 3 )
王昌齢
c0169176_781345.jpg

出塞行
 王昌齢

白草原頭望京師 黄河水流無盡時 秋天曠野行人絶 馬首東來知是誰

出塞行 しゆつさいかう
 王昌齢 おうしようれい

白草原頭京師を望めば 黄河水流れて盡くる時無し 秋天曠野行人絶ゆ 馬首東來するは知んぬ是れ誰ぞ

白草原のほとりに立って都の方角を望むと、黄河の水が滔々と東に向かって流れてつきるときがない。秋の空、ひろびろとした荒野に人の往来も絶えた。そのとき、ただひとり、馬の首を東へ向けてこちらへ来るものがある。都へ帰るのだな。いったい誰だろう。
by mteisi | 2013-09-17 07:18 | 唐詩選七絶
寂連法師
c0169176_6591517.jpg
am6:42
階層色調水青青藍

c0169176_6584254.jpg

寂蓮法師

村雨の露もまだいぬ槇の葉に
霧たちのぼる秋の夕暮れ

村雨が通り過ぎ、
そのしずくもまだかわかない
槇の木の葉のあたりに、
はやくも霧がほの白く立ちのぼっている、
秋の夕暮れであるよ。
by mteisi | 2013-09-17 07:07 | 百人一首
c0169176_6493747.jpg

トウ・タイ ひとしい・ともがら

形声。

音符は寺(じ)。
寺に待(タイ・まつ)・特(トク・ひとり)の音がある。
[説文]に「齊(ひと)しき簡なり」とあり、
長さが同じ竹簡・木簡の意とする。
この簡には一尺八寸、二尺四寸のように、
その長さに定めがあり、
同じ長さの簡を綴って書冊とした。
それで「ひとしい」の意味となる。
by mteisi | 2013-09-17 06:50 | 語源で遊ぶ