2013年 10月 03日 ( 2 )
山家集789
山家集789_c0169176_6234045.jpg
am6:12
一面白鼠無一点青

元日子日にて侍りけるに
山家集789_c0169176_6232843.jpg
子日して立てたる松に植ゑそへん千代かさぬべき事のしるしに

山里に春立つといふことを
山家集789_c0169176_6232893.jpg
山里はかずみ渡れる気色にて空にや春の立つをしるらん

難波わたりに年越しにはべりけるに春立心をよみける
山家集789_c0169176_6233484.jpg
いつしかも春来にけりと津の国に難波の浦をかすみこめたり
by mteisi | 2013-10-03 06:32 | 山家集
羅_c0169176_6204545.jpg

ラ あみ・つらなる・うすぎぬ

会意。
网と維とを組み合わせた形。
网は網の形。
甲骨文字の字形は、
隹に网をかける象形的な字である。
のち、さらに糸を加えて、
隹に網をかけて維(つな)ぎとめる形が羅で、
「あみ・あみする」の意味となる。
うすぎぬなど網目がにているので、
「うすぎぬ・あやぎぬ・ちぢみ」の意味に用いる。
また羅列のように「ならべる」の意味に用いる。
by mteisi | 2013-10-03 06:21 | 語源で遊ぶ